東海工業株式会社
English
商品案内 会社紹介 品質管理 営業所案内 関係会社
品質管理・技術開発部門

主な分析装置

■波長分散型蛍光X線分析装置(XRF)
島津製作所 XRF-1800
試料にX線を照射し、発生した蛍光X線が分光された波長と強度から物質を構成している元素の種類と量を特定し、また多元素を同時かつ迅速に分析できます。5種の分光結晶を装備しており、重元素から軽元素(ホウ素)まで分析可能です。


■ICP発光分光分析装置
島津製作所 ICPS-7510
溶液試料をプラズマ中に噴霧することで蒸発気化励起し、得られる元素固有のスペクトルの波長から定性し、発光強度から定量を行います。ICPは多くの元素に対し、微量成分に至るまで精度よく測定することができます。


■X線回折分析装置(XRD)
リガク Multi Flex
試料にX線を照射し、得られるX線スペクトルの形から試料組成を同定する装置です。粉末X線回折パターン総合解析ソフトを搭載しており、豊富なデータベースから迅速に同定することができます。


■レーザー回折散乱式粒度分布測定装置
日機装  MT3300EX II
溶液中に粉末試料を入れ、レーザー光を照射することにより、散乱光から粒子径を、強度分布から粒度分布が測定できます。0.02〜1400μmの粒子径サイズの測定が可能です。


■試料前処理装置
リガク 卓上型高周波ビードサンプラー
蛍光X線試料前処理装置。通常は粉砕し加圧成型した試料を分析しますが、本装置は結晶構造等の違いにより正確に分析出来ない試料を、溶融しガラス化することで非晶質にし、分析精度を高めることが出来ます。



主な試験装置

■オートクレーブ装置
高温高圧下で化学反応を行わせる耐熱耐圧の容器です。10kg/cm2、180℃まで可能です。


■圧縮強度試験機
丸菱科学機械製作所 AP-5000
油圧により試験体の圧縮強度を測定します。最大100tfの圧力をかけることが可能です。


■粉末度測定器(ブレーン空気透過装置)
粉末の比表面積(cm2/g)を測定する装置です。粉末を圧縮体にし、透過する一定空気量に対する抵抗の程度によって比表面積を求めます。

■粉砕試験機
ジョークラッシャー
ロールクラッシャー
ボールミル

■選鉱試験機
乾式磁力選鉱機
テーブル選鉱機
スパイラル・セパレーター

お問い合わせ
■分析・試験受託のご案内

鉱物・無機元素の分析及び試験を承っております。 測定内容・料金等はご相談ください。

① 蛍光X線分析(無機元素の定性・定量) 定性分析 半定量分析(主成分全元素)
② X線回折分析(結晶物質の同定) 定性分析 (鉱物測定・解析)
③ ICP発光分析 定量分析 (測定元素については別途ご相談)
④ 一般試験 粒度分析 (レーザー回折散乱法及びロータップ測定法)
pH測定

〒470-0355 愛知県豊田市大畑町油摺393
東海工業株式会社 品質・評価技術部
TEL 0565-48-8210 FAX 0565-48-5364

このページをプリントアウトする場合は、80%に縮小すると快適に印刷されます。

Copyright © 2003 Tokai Kogyo Co., LTD. All rights reserved.
お問い合わせ・資料請求 プライバシーポリシー